宋詞鑑賞・李清照・朱淑真  下の●●目次●●からどうぞ。

| 七曜表 | ご意見 | ●● 目次 ●● | HP杉篁庵へのご案内 | このサイトについて |
呉淑姫詞・目次・

  呉淑姫の詞

《呉淑姫について》
 「吳淑姬,北宋末期の女流詩人。生卒不詳。浙江の人(山西萬榮縣西南の人とするものもある)。《陽春白雪詞》五卷がある。「薄命詞人」と呼ばれる。
 父は早死し、結婚生活は順調でなく、一生、苦労して、屈辱の中にその人生を終わったという。文人の楊子治の妻。
 ここでは代表作とされる、四首を掲載。

  ・目次・
  和訓・語釈・詞意はここよりリンクする各ページにあります。
  1.小重山(春愁
  2.惜分飛(送別)
  3.祝英台近(春恨)
  4.長相思令

《原詩一覧》

・小重山(春愁)
謝了荼蘼春事休。無多花片子,綴枝頭。庭槐影碎被風揉。鶯雖老,聲尚帶嬌羞。
獨自倚妝樓。一川煙草浪,襯雲浮。不如歸去下簾鉤。心兒小,難著許多愁。

・惜分飛(送別)
岸柳依依拖金縷。是我朝來別處。惟有多情絮。故來衣上留人住。兩眼啼紅空彈與。未見桃花又去。一片征帆舉。斷腸遙指苕溪路。

・祝英台近(春恨)
粉痕銷,芳信斷,好夢又無據。病酒無聊,欹枕聽春雨。斷腸曲曲屏山,溫溫沉水,都是舊、看承人處。
久離阻。應念一點芳心,僚ッ隆許。偷照菱花,清瘦自羞覷。可堪梅子酸時,楊花飛絮,亂鶯鬧、催將春去。

・長相思令
煙霏霏。雪霏霏。雪向梅花枝上堆。春從何處回。醉眼開。睡眼開。疏影埃舒尊澪函W篭戯百漂邸


テキストは「簫堯藝文網界」の「全宋詞」による。



| 目次・呉淑姫詞 | comments(0) | - | posted by 杉篁庵庵主 - -
Comment








<< 次ページ | 宋詞について | 前ページ>>